噛み合わせ回復治療|こうとうデンタルオフィス木場|江東区木場駅の歯科医院

噛み合わせ回復治療

噛み合わせ回復治療とは(欠損補綴治療)

Medical

抜歯後、歯が失われた部分にご自身の歯の代わりとなる人工の歯を作り噛み合わせを回復させる治療です。治療方法には、入れ歯治療、ブリッジ治療そしてインプラント治療と主に3つがございます。お口の状況や全身の状況により治療方法の可否が分かれますので、それぞれの治療方法に関してしっかり理解し治療を選択しましょう。

  • インプラント治療
  • 入れ歯治療
  • ブリッジ治療

噛み合わせ回復治療とは

むし歯や歯周病、事故やケガなどで歯を失ってしまうことがあります。奥歯を失った場合など「目立たないから……」と放置される方がいらっしゃいますが、これはお口の健康に悪影響をおよぼすことにつながります。隣の歯が倒れ込んできたり、噛み合っていた向かいの歯が伸びてきたりと歯並びや噛み合わせを乱し、残った健康な歯にも負担をかけてしまう可能性があるのです。

失った歯を補う方法はおもに3つで、入れ歯治療、ブリッジ治療そしてインプラント治療です。歯を失ってしまったら、お早めにご相談ください。

インプラントとは

Medical

インプラントとは

「インプラント」とは、医療目的で使用される、体内に埋め込まれる医療機器や材料の総称です。歯科では、失った歯を補うために顎の骨に埋め込まれる人工歯根のことを指します。インプラント材料には、純チタンあるいはチタン合金が使用されています。

インプラント考えるタイミング・適応

Medical

インプラント治療は、すでに歯を失った部位に対して行う治療です。あるいは、これから抜歯が必要な部位に対して抜歯後に行うこともできます。歯を1本~数本失った場合はもちろん、すべての歯を失った場合もインプラント治療の適応となります。

インプラント治療を行う前に確認しましょう

インプラント治療ができない場合

歯周病など、口腔内が清潔でない状態
歯周病の原因となる歯周病菌がインプラント周囲の粘膜に感染して、インプラント周囲炎のリスクが高まります。
糖尿病で血糖値がコントロールされていない状態
血糖値がコントロールされていない状態では、インプラントが骨とうまく結合しないリスクが高まります。
成長期の方
顎骨が成長している途中でインプラント治療を行うと、骨の成長が妨げられます。個人差はありますが、通常は20歳以降を目安にインプラント治療が可能になります。
一般的に外科手術ができない場合
  • 妊婦
  • 免疫機能が著しく低下した状態
  • 6ヶ月以内に心筋梗塞の既往がある場合
インプラント治療に際して注意が必要な場合
  • 放射線治療
  • ビスフォスフォネート製剤
  • 癌治療のため化学療法
  • 抗凝固剤
  • 免疫抑制剤

上記の治療を行っている(行った)場合、全身状態および治療内容によりインプラント治療ができない場合がありますので、ご相談ください。

喫煙
インプラント手術後の治癒が遅れると、長期的にはインプラント周囲炎のリスクが高まります。また、残存歯は歯周病になりやすく、歯周病治療の成功率が下がることが報告されています。
骨量が不足している場合
インプラントは顎の骨に埋め込みますので骨量が不足していると、手術時にインプラントが入れられない場合があります。
インプラントを入れるスペースが不足している場合
歯の欠損部にインプラントを入れるスペースが不足している場合や歯並びを治す場合には、矯正治療を先行します。

インプラント治療の流れ

Medical

私たちは、患者様の口の中の状態はもちろん、全身の状態を把握した上で治療計画を立案します。インプラント治療は外科処置がありますので、ご自身のご病気や服用されているお薬があれば教えてください。

また、患者様は私たちの説明をお聞きになり、ご自身の口腔内状態や治療内容について十分にご理解・ご納得された上で治療を開始いたします。ご不明な点があれば遠慮なくお申し付けください。

STEP1

術前診査・治療計画・ご説明

以下の診査項目について診査を行い、総合的に診断し治療計画を立案します。診断結果・治療計画を、資料とともにわかりやすくご説明いたします。

  • 問診:現在お困りのこと、歯科治療歴、全身の健康状態、喫煙歴についてなど
  • 口腔内診査、2次元レントゲン撮影:むし歯、歯周病
  • 噛み合わせの診査
  • CT撮影診査(3次元レントゲン撮影):残存歯および顎の骨の状態、神経との位置関係
STEP2

インプラントの埋入手術

局所麻酔のもと、厳格な衛生管理された環境で、また高水準の滅菌された器具を使用しインプラントを埋入する手術を行います。インプラントの種類は、骨の質や量、治療部位によって適切なものを選択します。

STEP3

アバットメント装着・仮歯作製・修正・型取り・最終的なかぶせ物装着

インプラントと骨が結合した後に、アバットメントと呼ばれる土台を装着します。仮歯を装着して見た目や使用感を確認し、問題なければ型取りし最終的なかぶせ物を装着します。

STEP4

治療後のセルフケア・メインテナンス

インプラント治療はかぶせ物が装着されたら終わりというわけではありません。インプラントは天然の歯と異なり少しの汚れでも感染を起こしやすいです。インプラントを健康な状態で長持ちさせるためには、インプラントおよび残存歯を清潔に保ち、定期的に検診を受け、メインテナンスを行う必要があります。

ブリッジとは

Medical

ブリッジとは

歯を失った部位の両隣の歯を削ってかぶせ物にして、欠損部にはダミーの歯を作り、それらがつながったものを歯に接着する方法です。

ブリッジ治療で知ってほしいポイント

  • 固定式のかぶせ物のため天然の歯同様噛むことができる
  • 被せられるように両隣の歯の形を整える
  • 本来歯のない部分の両隣の歯で負担するため、歯の寿命が短くなることがあります。
  • ダミーの歯の部分に物が詰まりやすいです。
  • 治療期間・回数がインプラントと比較すると短いです。

ブリッジ治療の流れ

Medical
STEP1

診査 ~レントゲン検査・歯周病検査・噛み合わせ検査~

症状やレントゲン撮影により総合的に診断を行います。

STEP2

治療計画・カウンセリング

患者様に合った治療計画を立案し、カウンセリングを行います。

STEP3

感染除去治療(むし歯治療・根管治療)・仮歯作製・修正・型取り

むし歯や歯周病などがある場合、感染を取り除いていきます。歯や歯肉が健康な状態となった後に、型取りを行います。

STEP4

かぶせ物・つめ物の作製(歯科技工士)

型取りしたものを歯科技工士へ渡し作製します。全てオーダーメイドのかぶせ物・つめ物になります。そのため作製に1~2週間前後お時間をいただきます。

STEP5

かぶせ物・つめ物のお渡し・装着

完成したかぶせ物・つめ物を装着します。

入れ歯とは

Medical

入れ歯とは

入れ歯とは、抜歯したり事故や病気で歯が抜けたりした部分を補う物(義歯)で、残存している歯や歯肉に負担して使用する取り外しが可能な人工の歯です。

入れ歯で知っておいてほしいポイント

  • 取り外しができ、外してお手入れが可能
  • 材料により様々な設計が可能
  • 食後物が詰まりやすい
  • 慣れるまで時間がかかる
  • 噛む力の負担率が低い
  • バネのかかる歯への負担が大きい
  • 歯のない部分を両隣の歯で負担するため、歯の寿命が短くなることがあります。
  • 異物感がある

入れ歯治療の流れ

Medical
STEP1

診査 ~レントゲン検査・歯周病検査・噛み合わせ検査~

症状やレントゲン撮影により総合的に診断を行います。

STEP2

治療計画・カウンセリング

患者様に合った治療計画を立案し、カウンセリングを行います。

STEP3

感染除去治療(むし歯治療・根管治療)

むし歯や歯周病などがある場合、感染を取り除いていきます。歯や歯肉が健康な状態となった後に、型取りを行います。

STEP4

型取り

感染源を取り除き、問題なければ仮歯を作製し様子を見て、歯や歯肉が健康な状態となった後に、型取りを行います。

STEP5

噛み合わせ・適合・見た目の確認

入れ歯の前段階のもので噛み合わせ・適合・見た目に問題がないかどうかの確認をします。

STEP6

かぶせ物・つめ物の作製(歯科技工士)

型取りしたものを歯科技工士へ渡し作製します。そのため作製に1~2週間前後お時間をいただきます。

STEP7

入れ歯のお渡し・装着

完成したかぶせ物・つめ物を装着します。ご使用方法・保管方法についてご説明します。