小児歯科|こうとうデンタルオフィス木場|江東区木場駅の歯科医院

小児歯科

小児・マタニティー予防歯科

Medical

“マイナス1歳”からの予防歯科のご提案

小児・マタニティー予防歯科

“お子様が生まれる前=マイナス1歳”からの予防、つまり妊娠中・妊活中など出産前のお母様をはじめご家族の方のお口を健康に保つことには様々なメリットがあります。生まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには、むし歯菌はいません。むし歯菌は、だ液を介して人から人へうつります。お子様にとってもっとも身近な存在である保護者の皆様は、特に注意です。

保護者の皆様のお口のなかにむし歯菌が多いと、お子様に感染する確率が高くなります。そのため、妊娠中(マイナス1歳)から、ご家族のむし歯菌をコントロールしておくことがお子様の将来のむし歯予防に繋がります。また妊娠中は食生活やホルモン変化、つわりやストレスの関係でお口のトラブルも生じやすいので、気になること・不安なことはお気軽にご相談ください。

お子様一人ひとりに寄り添った丁寧な対応

小児・マタニティー予防歯科

保護者の方にとって、自身が子どもの頃の「歯医者さん」はどんなところだったでしょうか?大人は自分の意志で歯科医院に通いますが、お子様にとっては連れて行かれる場所です。ただでさえ不安なのに、そこでマイナスなイメージを持ってしまうと歯医者嫌いとなり、大人になっても痛くならない限りなるべく通院したくない…結果、自身の歯やお口の健康を保ち続けることは困難になってしまいます。

当院ではお子様自身がお口に関心を持てるよう伝え、それぞれの年齢・個性などをふまえ優しく丁寧に対応し、そして楽しく通える医院づくりに取り組んでいます。乳歯の生え始めから永久歯への生え変わり・永久歯列の完成といった各ステージの発達や成長をサポートし、お子様の健康を保護者の皆様と一緒に支えます。

大切なお子様の、大切な未来のために、今できること

小児・マタニティー予防歯科

赤ちゃんは、むし歯菌や歯周病菌が存在しない“無菌状態”のお口で誕生します。そのため、感染症であるむし歯・歯周病になるのは、原因菌を保有している周りの大人・家族からうつされることが原因と言えます。生まれてから一生、むし歯菌や歯周病菌がいないお口を維持し続けることは困難です。

しかし、原因菌への感染時期を遅らせ、極力細菌の量や力を抑えるようコントロールすることはできます。一定の年齢までむし歯の発症を防ぐことができれば、そのお子様が大人になってからもむし歯になりづらいお口を維持できることもわかっています。

子どもの頃から、お子様本人を含め周りの保護者の皆様が“お子様にむし歯を感染させない・むし歯に負けないお口づくり”に取り組むことで、健康なお口・歯というかけがえのない宝物をプレゼントできるのです。

小児歯科の主な病気と治療

Medical

子どものむし歯

乳歯は永久歯よりも柔らかいため、むし歯になりやすく、痛みなどの自覚症状もほとんどない状態で急速に進行します。歯の溝の奥や歯と歯の間から無症状で進行することもあり、外からではほとんど気づかないこともあります。また、乳歯がむし歯になると、口の中でむし歯菌が増え、新しい永久歯もむし歯になりやすくなります。
子どものむし歯の原因にはいくつかの特徴があります。まず、「歯みがきが上手くできない」ということです。 歯の汚れ(歯垢)を落とすには、正しい歯のみがき方を覚える必要がありますが、その技術が未熟なため磨き残しなどが生じ、それがむし歯の原因となってしまいます。また、乳歯は永久歯に比べてエナメル質や象牙質が薄いことも挙げられます。そのため、むし歯菌による浸食が早く、進行しやすくなります。乳歯が永久歯と比べて溝が多く深いことも原因の一つで、食べかすがたまりやすく、磨き残しも多くなりがちです。
むし歯には必ず原因があります。せっかく治した歯や新しい歯がむし歯にならないようにしっかり予防していきましょう。

むし歯予防

歯みがき指導
幼少期のうちから歯みがきの習慣をつけることはとても大切です。お子さんが痛い思いをして歯みがきを嫌がってしまわないように、歯ブラシを少しずつ口に入れて、口の中を触れる感覚に慣れさせていきましょう。むし歯になりやすい、汚れが残りやすいという部分がありますので、そのようなところを重点的にみがきましょう。正しい歯みがきの仕方を歯ブラシの持ち方からアドバイスいたします。お母さん向けに、仕上げの仕方などもお伝えします。
フッ素塗布(フッ素化物)
フッ素はむし歯菌から作られる酸の生成を抑制する働きが期待できます。とくに乳歯や生えたての永久歯にむし歯の予防効果が大きいとされています。フッ素塗布によるむし歯予防は、乳歯が生え始める1歳前後から始め、3~4カ月に1回程度、定期的に継続するのが良いでしょう。ただし、フッ素を塗ったからむし歯ができないというわけではありませんので、お子さんのご自身の歯みがきやお母さんの点検みがきは忘れずに行うようにしましょう。
シーラント
シーラントはむし歯になるリスクが高い歯の溝を、歯科用プラスチックで塞ぎ、汚れがたまらないように処置する治療です。プラスチックは時間の経過で溶けていき、体内に入っても害はありません。乳歯は形が複雑なため、シーラント処置は効果的です。とくに奥歯の深い溝は汚れがたまりやすく、むし歯になりやすいところです。奥歯が萌出したらできるだけ早いうちに溝をコーティングするシーラント処理をお勧めします。
定期検診
当院では、お子さんが自分から行きたくなるような歯科医院をめざしています。スタッフ一同で、お子さんが楽しみながら定期的に治療を受けてもらえるような工夫をしています。
一般的な歯医者さんで治療がうまくいかなかったというお子さんや、小さなお子さんでもお気軽にいらっしゃってください。

歯肉炎

厚生労働省の「歯科疾患実態調査」によると、小・中学生の4割が歯肉炎というデータがあります。学校の歯科検診などで歯肉炎を指摘される子どもは多く、年々増加傾向にあるといわれています。
歯肉炎とは、細菌のかたまりである歯垢が引き起こす歯肉の炎症で、腫れたり、出血しやすくなったりする状態をいいます。子どもの歯周炎は、歯を支えている歯槽骨の歯周組織には大きな変化はみられません。しかし、放置してしまうと、大人になって歯周病にかかり、歯が抜け落ちてしまう可能性もありますので、きちんと治療しておくことが大切です。
一般的な歯肉炎は痛みを伴いません。そのため自分では気づきにくく、放置してしまうことも多い疾患です。時々お口の様子を見て、「歯間部分の歯肉が赤く丸みをおび、ブヨブヨした感じがないか」「歯磨きや食事などの軽い刺激で、歯肉から出血していないか」などをチェックしてください。健康な歯肉はピンク色で引き締まっています。子どもの歯肉炎には、最も多くみられる不潔性歯肉炎(歯垢がたまることで、歯茎の発赤、腫脹、出血症状などが起こります)、萌出性歯肉炎(永久歯が生える時に起こります)、思春期性歯肉炎(10〜15歳に思春期のホルモン変化により、起こりやすくなります)などがあります。
歯肉炎と診断されたとしても、正しく歯みがきをして、定期的なクリーニングなどを受け、しっかりケアをすれば多くの場合改善します。ご家庭で有効なのが歯ブラシによるブラッシングです。歯と歯肉の境目に歯ブラシの毛先をあてて、軽く振動させるように動かして下さい。磨き残しがないように数週間程度続けると、出血もなくなり健康な歯肉に戻ります。歯ブラシの仕方に不安のある方はご相談ください。
歯肉炎は歯周病へと移行させないことが大切です。たかが歯肉炎と、放置せず、ご家庭での正しい歯みがき(ブラッシング)と、歯科でのクリーニング(プロフェッショナルケア)などを利用して、しっかり治療しましょう。